カンエー・ハウジングのスタッフブログ

新潟県上越市のカンエー・ハウジングのスタッフブログです。

ブログ一覧

「農林水産省」

村松です



遂に降りましたね、それも一気に。

前日の「ユンボー」は庭木の植え替え、手入れをしていましたが

除雪機に急変,まるで「ドラえもん」の世界のようです。

先日、「くびき農政講演会」がユートピアくびき3Fにてありました。

頸城区農家組合長協議会の主催、JA越後上越、上越市などの共催、後援です。

講師になんと、平成元年入省組のキャリア・本省の課長4人が農林省からこられました。

松尾裕則氏,川合豊彦氏、村井正親氏、豊輝久氏の

次官になるかもしれない凄い人達です。

戦時立法の食管法、戦後民主化・公平の農地解放・農地法、農協法から

現状そして未来の農業をキャリヤらしく解り易く、明るく講演されました。

2010年に205万人の農業従事者が2050年には39万人に急減する。

この人数で広大な農地耕作するには、衛星「みちびき」、ロボット、AIの

新技術を駆使して、無人農機、ドローン、ゲノム、バイオ、データ連携が必要。

30町歩耕作の米作農家の友人が、新たに耕地整理の計画が持ち上がり

そのなかで部落で1軒の農家に農地を集約する

離農の同意書が必要とのことでした。

講演の内容が早くも政策となっています、流石キャリヤですね。

「魂はルールからは生まれない」と人間性に富まれた面も。

農業の話はいつも暗いものばかりでしたが明るく、力強い、活気のある

とても良い講演会でした、ありがとうございました。

  農林水産省の、ビジョンステートメント

わたしたち農林水産省は、生命を支える「食」と安心して暮らせる「環境」を

未来の子供たちに継承していくことを使命として、常に国民の期待を

正面から受け止め時代の変化を見通して政策を提案し

その実現に向けて全力で行動します。

更新日時 : 2018年01月13日 | この記事へのリンク : 

<<大雪     |  ブログ トップへ  |  小正月>>   



ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2018年01月        >>
  123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031     
ブログカテゴリー ※最新情報をブログでチェックできます。

最近見た物件 (0)